令和元年度評価及び第3期中期目標期間の終了時に見込まれる業務実績に関する評価結果概要

 地方独立行政法人の各事業年度の業務実績及び中期目標期間の終了時に見込まれる業務実績については、地方独立行政法人法に基づき、知事による評価を受けることとなっております。本法人は、6月末に業務実績報告書を知事に提出し、下記のとおり業務実績の評価結果が決定されました。

令和元事業年度の業務実績に関する評価結果

 

※評価区分 S:特筆すべき進捗状況 A:計画どおり B:おおむね計画どおり C:やや遅れている D:重大な改善事項あり


第3期中期目標期間の終了時に見込まれる業務実績に関する評価結果

全体評価
「新型コロナウイルス感染症の影響により、最終的な目標の達成については不透明な状況であるものの、令和元年度までの実績は、全体として目標を十分に達成する見込みのものである。」


 地方独立行政法人大阪府立病院機構は、医療の提供、医療に関する調査及び研究並びに技術者の研修等の業務を行うことにより、大阪府の医療政策として求められる高度専門医療を提供し、及び府域における医療水準の向上を図り、もって府民の健康の維持及び増進に寄与することを目的としており、担うべき役割の着実な実施に努めている。


 第3期中期目標期間において、新公立病院改革ガイドラインを踏まえつつ、医療の提供体制を強化し政策医療及び高度専門医療を充実させるとともに、府域の医療水準の向上を目指し、地域連携の強化に取り組んでおり、また、業務運営の改善及び効率化に向け、法人全体の経営マネジメントの強化を図るとともに、環境の変化に対応した病院機能の強化に努めている点は高く評価できる。


<評価結果(全文)はこちら>

令和元事業年度の業務実績に関する評価結果(全体評価) PDF
令和元事業年度の業務実績に関する評価結果 小項目評価(参考資料) PDF
第3期中期目標期間の終了時に見込まれる業務実績に関する評価結果 PDF

このページの先頭へ